ホーム>店長ブログ>お酒の紹介[弐年貯蔵酒 栗東 宮路]
店長ブログ

お酒の紹介[弐年貯蔵酒 栗東 宮路]

敢て、メニューには載せない 『芋焼酎』 の紹介。。

★ 弐年貯蔵酒 栗東 宮路

鹿児島の宮路一良氏が栽培する、白い食用さつま芋「栗東」を米麹と
宮崎酵母で仕込んだ二年貯蔵の芋焼酎。
 口に含んだ時に、とてもまろやかでたっぷりとした甘みが口の中に広がります。
ストレート、ロックや水割りでもおいしいですが、燗にしても香ばしい風味が広がる
逸品です。
 
原材料:甘藷(クリアズマ)、米麹
アルコール分:25度
内容量:1.8リットル
白麹製、常圧蒸留


栗東 宮路
 
         《 小玉醸造 合同会社 》
   所在地:〒889-2535 宮崎県日南市飫肥8丁目1−8
   T E L :0987-25-9229
   F A X :0987-25-1424
   代表者:金丸一夫
 
 
創業文政元年(1818年)と伝えられる、飫肥城下町の老舗蔵元。
現在の代表である金丸和夫市が継承し、息子で杜氏の潤平氏
とともに2001年に再スタートを切りました。

 蔵元の金丸潤平氏は東京農業大学農学部醸造学科の卒業の新進気鋭の若手実力杜氏で、
決して生産石数を増やさず、少量生産、少量販売で商品価値を落とさず、
良い物を造る事をモットーに、親子二代で蔵を守り、全国にその名を響かせる蔵の一つです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.suzunoki-syunmi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/10

コメントする