ホーム>店長ブログ

店長ブログ

お酒の紹介[花酒の元祖 南どなん]

敢て、メニューには載せない 『泡盛』 の紹介。。

 

DSCN0257.JPG

 

 

★ 花酒の元祖 南どなん(はいどなん)

酒名の「どなん」は与那国が土地の言葉で”渡難(渡りにくい島)”
とか、”土南(土を盛った南の島)”と呼ばれることからつけられたもの。びろう樹
の葉で包まれたクバ巻きという与那国独特のスタイルは、この酒とともに全国に
られるようになった。味わいは独特の風味を持ち、コクのある泡盛です。

花酒とは泡盛製造の過程で最初に得られる純度の濃い
極めてアルコール度数の高い(60度以上)貴重な酒類。琉球王朝の頃に
出来上がった特選泡盛の”ハナ”の部分、すなわち蒸留する際に一番始め(ハナ)
出てくる、香り高い旨い部分を王に献上したと言われています。

 
スピリッツ類 原料用アルコール
原材料:米麹
アルコール分:60度
内容量:600リットル
 
 
 

★ 花酒 限定品 無濾過 南どなん(はいどなん)

2004年1月、入波平酒造から380本限定で蒸留されたものです。
花酒本来の旨みを残すため、無濾過にて製造しています。
一本ずつすべてのボトルにシリアルナンバーが刻印されています。
 
NO.366/380
 
使用原料米  タイ産インディカ米
使用黒麹    石川産
製麹時間    二十四時間
使用酵母    泡盛一〇一酵母
発酵日数    十六日間
検定年月日  平成十五年十二月二十八日
瓶詰年月日  平成十六年四月二十日
創業年     一九八九年
原材料     米こうじ
アルコール分 六十度
容量       三六〇ml
スピリッツ類  原材料アルコール

 
 
         《 入波平酒造 株式会社 》
   所在地:沖縄県与那国町字与那国158番地
   T E L :09808-7-2431
   販売元:有限会社 華泉 沖縄県那覇市東町21-1
   T E L :098-868-7699
 
創業文政元年(1818年)と伝えられる、飫肥城下町の老舗蔵元。
現在の代表である金丸和夫市が継承し、息子で杜氏の潤平氏
とともに2001年に再スタートを切りました。

 蔵元の金丸潤平氏は東京農業大学農学部醸造学科の卒業の新進気鋭の若手実力杜氏で、
決して生産石数を増やさず、少量生産、少量販売で商品価値を落とさず、
良い物を造る事をモットーに、親子二代で蔵を守り、全国にその名を響かせる蔵の一つです。

お酒の紹介[弐年貯蔵酒 栗東 宮路]

敢て、メニューには載せない 『芋焼酎』 の紹介。。

★ 弐年貯蔵酒 栗東 宮路

鹿児島の宮路一良氏が栽培する、白い食用さつま芋「栗東」を米麹と
宮崎酵母で仕込んだ二年貯蔵の芋焼酎。
 口に含んだ時に、とてもまろやかでたっぷりとした甘みが口の中に広がります。
ストレート、ロックや水割りでもおいしいですが、燗にしても香ばしい風味が広がる
逸品です。
 
原材料:甘藷(クリアズマ)、米麹
アルコール分:25度
内容量:1.8リットル
白麹製、常圧蒸留


栗東 宮路
 
         《 小玉醸造 合同会社 》
   所在地:〒889-2535 宮崎県日南市飫肥8丁目1−8
   T E L :0987-25-9229
   F A X :0987-25-1424
   代表者:金丸一夫
 
 
創業文政元年(1818年)と伝えられる、飫肥城下町の老舗蔵元。
現在の代表である金丸和夫市が継承し、息子で杜氏の潤平氏
とともに2001年に再スタートを切りました。

 蔵元の金丸潤平氏は東京農業大学農学部醸造学科の卒業の新進気鋭の若手実力杜氏で、
決して生産石数を増やさず、少量生産、少量販売で商品価値を落とさず、
良い物を造る事をモットーに、親子二代で蔵を守り、全国にその名を響かせる蔵の一つです。

お酒の紹介[超限定!終売希少品 日南娘 黄麹仕込み]

敢て、メニューには載せない 『芋焼酎』 の紹介。。

★ 黄麹仕込み芋焼酎 日南娘

二百年蔵 七代目、宮田育紀氏が初めて醸したという、黄麹タイプの日南娘。
黄麹らしく華やかで甘い香り。
口当たりは、とても柔らかくすっきりとした爽やかさが特徴の芋焼酎。


日南娘.JPG日南娘2.JPG
 
         《 株式会社 宮田本店 》
   所在地:宮崎県日南市大堂津四丁目1番8号
   T E L :(0987) 27-1131
   F A X :(0987)-27-1132
   HP   :http://www.hinamusume.jp/
   代表者:宮田育紀
 
 

初代 宮田萬吉が文化元年(1804)年に創業しました。参勤交代の途中、大阪で煙草入れを拾い、落し主よりお礼として酢の醸造法を伝授され、故郷に帰り酢屋を始めたのが蔵の興りです。

四代目 宮田猪積が大正10年に焼酎の製造も始め、昭和3年にみりん・醤油の製造を始め、平成の現在は七代目 宮田育紀が当主として受け継ぐ由緒ある蔵元の一つです。

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

お酒の紹介[越州 桜日和 吟醸酒]

春限定、 限定地酒の紹介。。
 
★ 越州 桜日和 吟醸酒
 
桜が咲く頃に出会えるお酒として、発売され好評だった「越州 桜日和」が今春も限定発売されます。
特に、女性や若い男性に飲んでもらいたいお酒です。
「心地よい淡い甘さと上品な香気」をもつ吟醸酒です。アルコール度数をおさえながらも香味に特徴のある酒質を目指しました。新しい味わいです。
c越州桜日和.jpg
         【データ】
醸造元:朝日酒造(新潟県)
使用米:千秋楽
日本酒度:-1
アルコール度:13.0~14.0

お酒の紹介[果実酒 薩州 柚子 赤兎馬]

 
敢て、メニューには載せない 『果実酒』 の紹介。。
 
★ 果実酒 薩州 柚子  赤兎馬

 

 
赤兎馬柚子酒.JPG
鹿児島県産の柚子を本格芋焼酎「赤兎馬」にじっくり漬け込んだ柚子酒です。
本格芋焼酎「赤兎馬」の重厚なコク、柚子由来の香味あふれる
柑橘系のほのかな酸味そして、鹿児島県産さつま芋「黄金千貫」の深く長い甘さの余韻。
やわらかな甘みと爽やかでさっぱりとした味わいに仕上がりました。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・銘柄:薩州 柚子 赤兎馬
・内容量:1.800ml.
・アルコール度数:14度
・原材料:本格焼酎(赤兎馬)・果糖・柚子(鹿児島県産)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

         《 濱田酒造 》

     住所:〒899-2101 鹿児島県いちき串木野市湊町4丁目1番地
     TEL:0996-36-5771
     代表者名:濵田雄一郎
     創業:明治元年 法人改組:昭和26年
     HP:http://www.hamadasyuzou.co.jp/
 
 

お酒の紹介[黒糖焼酎 長雲 長期熟成古酒]

 
敢て、メニューには載せない 『黒糖焼酎』 の紹介。。
 
★ 黒糖焼酎 長雲 長期熟成古酒008.JPG
 
黒糖焼酎は奄美地方だけで製造が認められてる本格焼酎のひとつです。
この長雲長期熟成は山田酒造という、家族4人の小さな酒造でひとつひとつ
丁寧に手造りされています。
昔ながらの常圧蒸留作られており、5年間熟成された古酒。
年間600本のみの生産で、超限定品です。
ラムに似た芳醇な香りとコクが絶品の焼酎。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・銘柄:長雲・長期熟成貯蔵5年古酒
・内容量:1.800ml.
・アルコール度数:30度
・原材料:黒糖・米麹
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         《 山田酒造 》

     住所:〒894-0105 鹿児島県大島郡竜郷町大勝1373-ハ
     TEL:0997-62-2109
     FAX:0997-62-2793
     代表者名:山田 隆
 
山田酒造は奄美大島・名瀬市から車で約30分ほどの龍郷町(たつごうちょう)
の静かな山間の里にあります。
昭和20年代の創業で、年間400石(1石=1.8L瓶で100本)弱というわずか
な生産量。そこでこの絶品黒糖焼酎・あまみ長雲は醸されます。
黒糖焼酎は奄美諸島だけで製造が認められいる本格焼酎で
上品な甘みとすっきりした後口が特長。

お酒の紹介 [麦焼酎 むんのら]

敢て、メニューには載せない 『麦焼酎』 の紹介。。

★ 甕壷仕込み麦焼酎 むんのら

黒麹の芋焼酎造りの天才と称される村尾さんが造った麦焼酎の逸品です。むんのら.JPG
芋焼酎を造り終えた後、余力があったときだけ造る麦焼酎といわれています。
村尾に共通した甘みがあり、芋焼酎ファンも魅了する味。
香ばしい麦の香りとまろやかな味わい。少量生産の為、超稀少酒。

原材料:麦・麦麹
アルコール度:25%
 
         《 村尾酒造 》
   所在地:鹿児島県薩摩川内市陽成町8393
   T E L :0996-30-0706
   F A X :0996-30-0133
   代表者:村尾寿彦
 
鹿児島県川内の山の中、春にはホタルが飛び交い、自然豊かな環境で造ります焼酎作りの天才と言われた蔵、 なかなか手に入らない人気の焼酎、一人で850石の焼酎を仕込む神業の小さな蔵です

通常一人で450石の焼酎を仕込むのが限界と云われてます。 仕込む時期は芋の収穫時期の9月~12月朝掘りあげて夕方には仕込み終わる芋のフレッシュさを大切にしてます。

お酒の紹介 [田酒 純米大吟醸酒]

敢て、メニューには載せない 『地酒』 の紹介。。
 
★ 田酒 純米大吟醸酒 百四拾
 
田酒は主に「山田錦」を原料とし使用するが、この百四拾は青森県農業試験場(現:青森県農林総合研究センター)が開発した「山田錦」と「華吹雪」を掛け合わせた青森県産の「華想い(青系酒140号)」を使用して醸造されている。香りが高く非常に透き通った味わいである。
 
 
         【データ】
醸造元:株式会社西田酒造店(青森県青森市)田酒のサムネール画像
 
使用米:華想い40%精米
日本酒度:+1
酸度:1.3
アルコール度:16.0~16.9
仕込水:八甲田山系伏流水(軟水)
杜氏:細川良浩